ピッピの日記  <榛名山麓からワン便り>

harunapiko.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 15日

花吹雪  (2008.4.15)

近くにある城址の桜を見に行ってきました。
ピッピのお散歩コースの一つなのですがここ数年発掘作業が
行われていたので遠慮していました。
山の形状を生かした山城だったようで立派な石垣などはないのですが
ワンコの散歩には楽しいところです。

本丸跡の桜がきれいでした。


d0135280_2311835.jpg




『花びらが散ってピンクの絨毯になってたよ!』
d0135280_2315235.jpg




『わたし、ここだけ雪が降ったのかと思ったわぁ~』
d0135280_232134.jpg




『ルンル~ン....花びらの上を走るなんて始めてよ!』
d0135280_2323131.jpg





d0135280_234875.jpg





d0135280_2342941.jpg





d0135280_2344812.jpg




夕日を背にして幻想的な美しさが......
d0135280_2351521.jpg



               
               本丸跡はその昔落城の折、悲劇があった場所なのです。
               華やかな花吹雪の風景がどことなく悲しげに見えるのは
               そのせいでしょうか。
               しばし、戦国の世の厳しさに思いを馳せたひとときでした。            
               
[PR]

by haruna-mmpippi | 2008-04-15 23:52 | Comments(6)
Commented by MARIN-MAMA at 2008-04-16 09:04 x
うわぁ!綺麗っ!
ほんとじゅうたんみたい!雪みたい!
桜吹雪の後ですね。

お城って城主が替わったりするたびにいろんな歴史があってそこには悲劇もいっぱいで、ただ立派だな、とか、立派だったんだろうな、とか言うだけじゃなく、人の生き死ににすごくかかわっている場所なんですよね。
ここで命を終えた人もいらっしゃったのでしょうね。
どんな歴史があったのか・・・
過去に思いをはせた夕暮れだったのですね。
Commented by くぅでーす at 2008-04-16 19:32 x
すてき! こんな桜もいいですよね。

城跡に散る、桜。毎年、歴史を重ねているんですね。この桜たちは歴史をみてきたんでしょうか?

人の人生なんて、木々の年輪からみると小さなものですね。
Commented by ピッピの母 at 2008-04-16 22:36 x
★MARIN-MAMAさん
綺麗でしょ?
風もないのにはらはらと花びらが落ちてきて素敵な光景でしたよ。

武田信玄との戦に負けた時このお城にかかわった人は女性もふくめて
全員自刃して」果てたのだそうです。戦いに明け暮れた時代、城主も
家来たちも農民も心休まる時はなかったことでしょう。
このお城跡は小高い丘が連なっているだけですが日本でも外国でも
立派なお城ほど悲劇の伝説が多く秘められていますね。
はらはらと散る花びらは悲しい涙のようにもみえましたよ。

桜もこれで見納めのようです。
ちかちかと木々の芽吹きがはじまりました。
Commented by ピッピの母 at 2008-04-16 22:50 x
★くぅママさん
お城跡に桜はとっても似合いますね。
ほんとうにきれいでしたよ。
この桜、長い年月人間の優しさ、醜さ、悲しさ、そして生き死に.....
すべてを見てきたのでしょうね。圧倒的な存在感がありますよ。
ほんとうに人間の一生なんて夢の間です。だからこそ大事にしたいとも
思いますけど。
桜の季節は来し方を振り返ったり人生を考えさせられたりする時
でもありますね。
Commented by 杏ママ at 2008-04-21 21:20 x
逢魔が時の桜!
魅せられてしまいそうですね。
ピッピちゃん、魔にさらわれないように(笑い)。
幻想的でとても感動してしまいました!
Commented by ピッピの母 at 2008-04-23 00:02 x
★杏ママさん
ほんとうにこの桜、怪しいほどの美しさでしたよ。
人影がなくてこの日はピッピ父と三人でしたがピッピと私だけだったら
ちょっと恐かったかもしれません。
悲惨な歴史がある場所だけに.....
同じ桜でも印象は様々ですね。


<< 待ちくたびれて....   (...      原っぱのお花達  (2008.... >>